青果(農産)部門の概要

お店の入口付近に売場があり、最初にお客様の目にとまるお店の顔です。仕事内容は野菜や果物の加工、品出しです。しかし、ただ加工や品出しをするだけではありません。同時に品質のチェックも行います。小さなキズも見逃さない観察力が光る部門です。

具体的な仕事内容

面合せ、ひな段積み等、商品の積み方も様々あり、商品の魅せ方を学ぶ事ができます。美しい売場作り、お客様の目を引く売場作り等、自分自身の腕を試せるのも青果部門の楽しみです。

1日のスケジュール

  1. AM6:00 売上・業務チェックなど

    出勤後、前日の売上や本部指示を確認します。その日の天候や気温も考慮し売場を作ります。

  2. AM7:00 商品の仕分け

    入荷した商品を仕分けしていきます。保管する商品も入荷順に保管していきます。その後は品出し作業に入ります。

  3. AM8:30 商品の品出し

    商品を陳列します。開店と同時に青果商品を購入される方も多いので、スピーディに陳列を行います。お客様が手に取りやすいよう並べていきます。

  4. AM11:00 商品の品質チェック

    陳列の他、各商品の産地チェックを行います。表示と相違が無いか毎日確認しています。

  5. PM0:00 お昼休憩

  6. PM1:00 商品の品質チェック、発注など

    休憩後は、売場・品質チェックを行います。朝仕入れた商品を昼過ぎに傷み始める事もある為、商品を厳しい目でチェックします。また、売上や翌日以降の天候・気温、売場状況を確認し、発注作業を行います。

  7. PM3:00 商品の品出し

    また、夕方のピークに向けてしっかりと商品を陳列していきます。

青果(農産)部門に向いている人

自発的に動ける人

市場動向を予測して安く仕入れたり、試食販売による提案販売をしたりなど、裁量権のある青果部門は利益確保のために自発的に考えて行動できる人。

青果(農産)部門のやりがい

商品の仕入れや売場づくり、価格決めなど、自ら青果店を経営しているような裁量権があります。そのため仕入れた商品がたくさん売れ、利益を生みだしたときには達成感を感じることができるでしょう。
またお客様から感謝されることは、やはりやりがいに感じることができるでしょう。