ベーカリーの概要

ベーカリー部門では、主に生地からパンを作ったり、冷凍のパンを発酵させて焼きます。また、店内放送やパンの売り込みも行います。

具体的な仕事内容

パンは小麦粉の量を間違えたり、発酵をしすぎてしまうと美味しく綺麗なものが作れないので、とても繊細で大変な作業です。ですが、綺麗に焼きあがったパンをお客様に買ってもらえると、とても嬉しくやりがいを感じます。

1日のスケジュール

  1. AM6:30 売上・天候チェックなど

    出勤後は前日の売上確認や、その日の天候気温を確認し、製造を始めます。前日仕込んだ生地を商品化していきます。

  2. AM7:00 商品の製造

    発酵⇒分割・丸め⇒整形⇒発酵⇒焼成の工程があります。気温・湿度に応じて焼成時間が異なる事もある為、こまめにパンの状態を確認します。

  3. AM7:30 パック詰めなど

    焼きあがった商品は、仕上げ・包装していきます。包装後に値付けを行い、売場に並べられるようにします。

  4. AM8:30 商品の品出し

    出来上がった商品を売場に並べて行きます。出来立て商品や人気商品等を並べる際には声出しを行ったり、店内放送を行いお客様にお知らせします。

  5. PM0:00 お昼休憩

  6. PM2:00 ピザの製造

    ピザはベーカリー人気商品の為、たくさんの予約が入ります。出来たての商品を提供できるように、受け取り時間を確認し、製造していきます。

  7. PM3:00 翌日の仕込み

    販売予測や天候、気温をチェックし、翌日分の仕込を行います。

ベーカリーに向いている人

物づくりが好きな人

パンの種類によって様々ですが、生地づくりから成型、焼く工程まで一通りこなすため、物をつくることが好きな人。

ベーカリーのやりがい

自分の作ったパンがたくさん売れれば充実感を感じることができるでしょう。
またお客様と接する機会も多々あるため、お褒めの言葉をもらえればやりがいを感じることもできます。
作れるパンの種類が増えれば、成長を感じることもできるでしょう。

この職種で働く人の声