Q. 入社動機

職を離れてから気づいた、食に対する強い気持ちがあった

前職在籍時から精肉加工の仕事に興味があり、「食」に関わる仕事をしたいなという気持ちがありました。前職を一身上の都合で退職後、その気持ちが強くなり、転職活動をしている時にオーケーの求人を見て、パートナー社員でも福利厚生が充実していたのと、精肉加工の仕事が出来るということで応募しました。
Q. 業務内容について

専門知識を活かして、食材に付加価値を与える

主な仕事は精肉加工です。部位ごとに納品されてくる肉を整形して、用途にあった厚さ、大きさに切って商品化します。また、季節にあった商品の発注や売場を考えたりします。
Q. 仕事を通じて感じたこと

知識と技術が向上し、成長を実感できた

第一に感じたのは精肉加工は覚えることがすごく多いということです。特に牛肉は一番大変です。例えばもも肉一つとっても、シンタマ、外もも、内もも、シンタマもシンシン、カメノコ、トモサンカクなど細かく分類されます。それぞれ整形や加工の仕方が違うので、覚えることがたくさんあります。さらに和牛は全体が非常に多くの脂で覆われているので、整形もすごく大変です。でもちょっとずつ部位が判断できるようになったり、無駄なくきれいに脂を磨けたりすると、技術が向上したのだと成長を実感出来ます。
Q. こだわり・心がけていること・モットーなど

売上に大きく影響が出るため、商品化の出来

ずばり商品化です。精肉部門は商品化の出来によって、大きく売上が変わってきます。自分で商品化したお肉をできるだけ多くのお客様に買って頂き、売れ残り「0」を目指してます。
Q. 印象的だったこと

精肉部門は朝も定時も早い

精肉部門は朝が早くて、その分定時が早く15時くらいなので、最初入った時はすごく印象的でした。
Q. この仕事で活躍できそうな人

常に疑問を持って仕事をできる人

常に疑問を持って仕事をできる人。例えば、売れ残ったお肉には売れ残った理由があると思います。その答えを自分なりに出して改善していくこと、この繰り返しが大切だと思います。
Q. オーケーに感謝していること

豊富な経験がなくても、早く上達できる環境

精肉の仕事は包丁を使う仕事なので、実際にお肉をたくさん切ったり、加工が上手な人を見ないと覚えられません。その点オーケーはセンターでの研修や、経験豊富なトレーナーが教えに来てくれるので、わからない事をすぐ聞ける環境があることにすごく感謝しています。
Q. 会社の魅力・強み

成長と昇進、どちらにも恵まれてる環境

店舗数が120店舗以上あって、その中で店舗異動があるので、多くの店舗で仕事を経験出来るということです。また、どんどん新店舗を作っているので、昇進などのチャンスも多いです。
Q. オーケーを選んでよかったこと

人との出会い

人との出会いです。精肉加工の経験がなく入社したのですが、最初の店舗で一から、たくさんの事を教えて頂き、また自分を気にかけてくれる上司に出会えました。やはりこの「人との出会い」が本当に入社してよかったと思うことです。
Q. 従業員やお店の雰囲気に関して

人間関係やお店の雰囲気はとても良い

人間関係やお店の雰囲気はとても良いと思います。なぜならサブチーフに昇格した時もチーフが焼き肉おごってくれました。笑
Q. 今後の目標

1つ1つ確実に実力をつけて、自分の道を決めていきたい

まずはしっかりと地に足をつけて、チーフになることです。
そしてチーフになった後は、今と見える景色が変わってくると思うので、更に道を極める為にトレーナーやバイヤーを目指すか、店舗管理の長である店長を目指すかはその際にまた決めていこうと思っています。
こうやって自分で進む道を決めて努力出来ることも、オーケーの魅力の1つだと思います。