Q. 入社動機

頑張りを評価してもらえることに魅力を感じて

大学卒業後、新卒で営業会社に入社しました。そこは洗剤・スーツ・化粧品など様々なものを扱う会社で、私は小売の企業様に対して扱う商品を提案するという法人営業をしていました。転職を決意したのは、入社して1年ほど経った頃。もともと給与が低かったにも関わらず、成果を出してもなかなか評価につながらず…思い切って転職。新店舗のオープンに伴ってパートとして入社したのが、学生時代に4年間アルバイトをしていたオーケーでした。
もう一度オーケーに入社した理由は、学生時代にアルバイトをしていた時、手の届かない位置にある商品を取ってあげたお年寄りに、すごく感謝されて嬉しかったことを思い出したから。また独自の理念を活かし、成長性があるところが魅力でしたね。さらに成果がポジションというカタチで評価されるのも、「頑張りを正当に評価してもらいたい」という私にはピッタリでした。
Q. 業務内容について

売上を伸ばすためにできる全てのこと

店舗全体の管理業務。売場での食料品の品切れ・品薄のチェック、生鮮食料品の鮮度・商品化・産地チェック。レジ、店舗外周での不備事項がないかをチェック。現場をチェックし、近隣競合店の調査し、各部各従業員に指示。現場ありきの数値管理、従業員コミュニケーションを大切にしてます。
Q. 仕事を通じて感じたこと

店舗管理者としての充実感

仕事の取り組み方が良い意味で、人それぞれ。各店舗・各部、与えられた仕事に対する基本項目事項は一緒です。基本を大切にしつつ、その店舗における地域性に特化した作業を行っているので、異動をする度に、新鮮味を帯びて仕事に取り組めるのが楽しいです。店舗管理者として、常にお客様の事を考えて仕事をしているからこそ、充実感があります。
Q. こだわり・心がけていること・モットーなど

日々、前向きでポジティブに取り組む姿勢

常に、前向きでポジティブで居続けることをモットーにしています。
1日の1/3も職場に居る中で、上司が後ろ向きでネガティブだったら、部下にとって仕事はつまらないものになります。日々、前向きでポジティブに仕事に取り組み、部下が見きれない仕事に進んで踏み込み、いろんな事に気づかせるように仕向けて、部下の成長と店が繁栄が、一緒に伸びていくことが楽しみになっています。
Q. 印象的だったこと

他店舗との連携で解決することも

グロサリー係員時代に、お客様注文を「袋物のゼリー50個」という承った際、必要量の発注をしましたが、商品お渡し日に、「袋の中に入った個包装のゼリー50個」であったことが発覚。お客様へは、必要量お渡しし、残りの商品をどうしようと途方に暮れていた時、先輩上司が他店舗へ連絡。残りの商品を3店舗で引き入れてもらって、商品を届けに行った際、その方とは面識がなかったのですが、「困った時はお互い様」と言ってもらったことに、とても感謝したのを、今でも、覚えています。
Q. この仕事で活躍できそうな人

誰に対しても素直な人

誰に対しても素直な人であり、かつ、物事に対して考え、行動、反省が出来る人。
素直な人は、周りが色々と教えてくれるようになるので、成長が早いです。
与えられた仕事は、「何で行い、どのような人が関わり、どのような効果が得られるのか。」これを、一つ一つ丁寧に考え、行動し、結果を振り返る人が成長します。オーケーは、日々での、週での数値反省をする機会があるので、結果に対して、振り返りしやすい環境が整っています。社訓の一部の「極めて謙虚で、極めて誠実、極めて勤勉」という方が一番成長します。
Q. オーケーに感謝していること

若い社員でも活躍できる環境を提供してくれる

年々店舗数が拡大しています。そのため早期に実力を身に着けた若い社員でも、職位を与え、活躍できる環境を提供することができるようになっている。私も、そのような環境に恵まれ、入社7年で店長になることが出来ました。
Q. 会社の魅力・強み

チャレンジすることを恐れない従業員が多い

「高品質・Everyday Low Price」を生み出す仕組み、提供し続けることでお客様へ伝わり、スーパー総選挙3年連続1位という実績。実績に縋らず、初心忘れずに、日々、チャレンジすることを恐れない従業員が多く在籍しているところです。
Q. オーケーを選んでよかったこと

結果が出るまで育成してもらえる

なかなか思うような結果が出ないときもありましたが、それでも結果が出るまで粘り強く会社に育成してもらえたことです。
Q. 従業員やお店の雰囲気に関して

スタッフ同士は仲がよく、他店舗との助け合いもある

多くのお客様にご来店して頂くオーケーは、他社とは違い、従業員が一部門に所属して業務に取り組みます。その為、スタッフ同士は仲がよく、一年もしない内に、気心がしれた仲になることが出来ます。また近隣にも店舗が複数あるので、店舗間での社員同士交流する機会も、勤続年数に比例して増えていきます。縦・横の繋がりともに取りやすい環境なので、何かあっても助け合いの精神があって、入社して良かったと実感しています。
Q. 今後の目標

店長のさらに上の職位を目指して

店長になり、4年目となります。自身に与えられた個別課題をしっかりとクリアし、
部下達の成長を後押しし、店舗の繁栄・部下の成長・自身の成長を促し、ゆくゆくは
店長職の更に上の職位となりますグループ長を目指し、日々、努力していまいります。