第52期(2019年3月期) 年度別業績

2019年3月期の売上高は3,930億円、前年比110.2%、既存店前年比は104.5%、昨年よりは少し良いという結果でした。新店の開店は10店、予定通りです。
昨年12月頃から、少し売上が伸び悩み、辛うじて売上前年比 2桁増が確保出来た状況です。
市況の動きと連動するのは、やむを得ないとして、もう少し格差が欲しかったと、反省しております。
『高品質・Everyday Low Price』 初心に戻って、『極めて謙虚で、極めて誠実、極めて勤勉』 を心掛けて精進します。総経費率は、漸く16%台に戻ってきました。更に改善を目指します。
『競合他社よりは良い』と 心の隅で、自らを慰めているようでは、国際競争には勝ち残れません。
市場を熟知して、商品を見直し、お客様に損をさせない。肝に銘じて、勝つ道を求めて参ります。
厳しい勝ち残り競争が続いています。当社は改善の余地を沢山残しています。
一歩一歩、改善を積み上げて、経営目標の『借入無しで年率20%成長の達成』を目指します。

2020年3月期の予算について説明します。
売上高 (開店予定の新店除く)は 4,311億円、前年比109.6%です。
先ず、全部門・全店予算達成、(既存店売上前年比105%以上)が目標です。
予算重視の経営に徹します。特に売上予算の達成を重視し、英知を集めて対応します。
競争には絶対に勝つ。そのために失われた利益は、何か工夫して稼ぎ出します。
新店の開店は7店の予定で、本年の10店より減少します。新店開発部門を速やかに強化します。

本年夏頃、寒川・川口・流山の3物流C.が逐次稼働します。
寒川常温物流センターは自社物件で、敷地約3万坪、建物高さ4階建の自動倉庫、使用敷地は約1.2万坪、保管能力は 70万ケース、総投資額約185億円、神奈川地区の約70店舗が対象で、全稼働時の年間通過額は800億円を予定、三菱食品(株)様のご指導をうけています。
川口と流山の物流C.は賃借で、東京・埼玉・千葉地区の約70店舗が対象で、概算年間通過額は700億円を予定、伊藤忠食品(株)様のご指導をうけています。

メーカー様の工場から当社物流C.に納品していただいた時点で、商品は当社に帰属します。
物流C.に、無駄な在庫を持たないこと、出来るだけ、通過型C.的 運用を目指して参ります。
物流については効率を求めて、物流C.扱いとなりますが、商流は従来通り、帳合い問屋様経由です。

当社開業以来、最大のプロジェクトで、社運を賭けて取り組んでおります。
大量販売商品を更に大量に販売し、物流コストを 如何にして引き下げるか、
少量販売商品を出来るだけ幅広く取り扱い、物流コストの上昇を 如何にして抑えるか。
物流関連の生産性の改善は もとより、お店の作業効率の改善にも取り組み、競争力を強化します。

当社の営業地域は、首都圏国道16号線内、早期にお店を創って、対象顧客を全域に拡げます。
お店で取り扱えるアイテム数は限りが有り、更に単品大量販売を推進する方針ですから、売上は増えますが、取扱アイテムは減少するという傾向は避けられません。
ネットによる販売を、どのように拡大して、これを補い、更には新たな市場を切り拓いて行くのか。
経営方針は、一貫して、『高品質・Everyday Low Price』 です。
夢を実現するための手段として、寒川の物流C.は、『天からの授かりもの』 です。
取り組む商品の領域も広くなります。
メーカー様・帳合い問屋様の応援を頂いて、道を切り拓いて参りたい、と存じます。
どうぞ 応援してくださいますよう お願いします。

品質の良い商品・美味しい商品・便利な商品、取扱商品に加えたいものが山ほど有ります。
寒川物流C.が出来ましたので、海外商品も含め、円滑に調達出来るようになりました。
既に取り扱っておりましても、大事にされていない商品も沢山あります。
これもまた、お取引先様の ご指導をいただきながら、取扱アイテムの深掘りを推進したいと存じます。

年率10%以上の成長は、オーケー発展のためには、不可欠です。
売上が伸びない商品があったら、何故伸びないのか、原因を徹底して探り、改善します。
改善出来なかったら、品揃えとして必要か否かを検討します。
売上が増やせる商品を、貪欲に探し求めて、販売出来るよう努力します。
もっと優れた商品があるのではないか?  もっと美味しい商品が・・・
もっと便利な商品が・・・  もっと良いデザインの商品が・・・
良い商品を、良い立地を、良い人材を、そして良い機会 (チャンス) を求めて、オーケーは、夢を追って参りたいと存じます。どうぞ応援してください。

震災の到来が気がかりで、概要下記のポスターを3月7日に店頭に掲示しました。
『新聞等で報道されていますが、大地震の到来が危惧され、何時起こるか、予断は許されません。
災害が発生した場合、生活必需品が品切れすることは避けられません。心配しております。
オーケーの飲料水の昨年度販売実績は、2㍑換算で 2,475万本でした。
災害発生時の販売用飲料水の確保には、莫大な数量が必要で、お店では保管しきれません。
誠に勝手ですが、各ご家庭での備蓄を お願いします。
備蓄は、ご家族お一人様あたり 9㍑は必要と言われています。少し多めに 12㍑と設定。
1人住まいの場合、先ず、2㍑入り飲料水 6本入 2ケース を お買い上げください。
ご使用いただいて、残数が 1ケースに なったら、1ケースを お買い上げください。』

備蓄を お願いしても、『重くて持てない』という方のため、配送体制を急遽構築しています。
従来から一部の店舗で行っておりました お買上品を お客様のご要望により、お届けする、『有料配達』の制度を一部手直しし、配送車を手配して、逐次 拡大して参ります。
新たな営業領域の誕生と捉え、積極的に活用して参ります。
当社のネット宅配 『お友達宅配』は全面的に見直します。不徹底な取り組みを反省しています。

毎年、新店を含む売上前年比15%増、数年後は20%増が経営目標です。
毎年、単品で20%以上成長すると、当該商品の製造コストの内、固定費部分は成長に伴って低減します。
この低減分を、商品の品質向上、売価の引き下げに充当すれば、競争力は毎年目覚ましく強化されます。
メーカーブランドでの対応が難しければ、留め型も選択肢です。
『極めて謙虚で、極めて誠実、極めて勤勉』を心掛けて、推進します。
どうぞ、ご指導くださいますよう、宜しく お願いします。

2019年5月吉日

代表取締役会長     飯田 勧
代表取締役社長     二宮 涼太郎


年度別業績


コンテンツに戻る

ごゆっくりお買い物をお楽しみください

店内には、肉の部位の説明や各ぶどうの販売期間など、
お客様のためになるPOPや配布物や私たちのこだわりをたくさん掲示しています。
お買い物の参考にして頂ければ幸いです。
また、みなとみらい店には、オーケーの売場で販売している
おすすめの商品を使用したフードコートをご用意いたしました。
ごゆっくりとお買い物をお楽しみください。

オーケーお客様相談室

045-263-6987(土・日・祝祭日を除く 8:00~16:00)

はじめての方へ

はじめませんか、お友達宅配

スマホでお友達にお買い物を依頼したり、お買い物代行のお手伝いをしたりすることができる、オーケーのサービス「お友達宅配」。高齢化社会を皆で助け合い、支え合うことを目的にスタートしました。
依頼する人も、依頼される人にもうれしいサービスです。

詳しく見る

画像:助け合い

  • アプリアイコン
  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

オーケーのこれからを
一緒に支える仲間になりませんか?

やる気と情熱に溢れた社員が、年齢・性別を問わず、思う存分活躍し、
会社と個人が一緒に成長していく、それが、オーケーです。
オーケーでは、私たちの理念に共感して頂ける仲間を募集しています。
新卒、中途、パート・アルバイト、さまざまな形態で募集しています。
みなさまのご応募、お待ちしております。

オーケーで働く